がんとANK免疫細胞療法の教科書~ANKブック~ | sponsored by リンパ球バンク株式会社
がんとANK免疫細胞療法の教科書~ANKブック~ | sponsored by リンパ球バンク株式会社 » がんに関する疑問や悩み

がんに関する疑問や悩み

このサイトは「リンパ球バンク株式会社」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

一口にがんといっても症状はさまざまです。ここでは、がんに関する疑問や悩みに触れていきます。

抗がん剤による脱毛

抗がん剤は細胞分裂が活発な毛母細胞に影響を及ぼし、脱毛を引き起こす可能性があります。脱毛対策として、髪を短くカットし、頭皮を傷つけないように爪を短く切り、低刺激なシャンプーを使用し、ドライヤーは低温・弱風で使い、パーマ・カラー・育毛剤は避けることが推奨されます。

抗がん剤による脱毛を詳しく見る

乳がんのホルモン療法

乳がんのホルモン療法は、エストロゲンの生成を抑制し、乳がん細胞の増殖を防ぐ治療法です。ホルモン療法の対象は、ホルモン受容体陽性と判定された乳がんの方です。ホルモン受容体陽性とは、エストロゲン受容体(ER)またはプロゲステロン受容体(PgR)のどちらかが認められる状態を指します。通常、手術後の治療期間は5年程度ですが、再発リスクを抑えるため10年続けることもあります。

乳がんのホルモン療法を詳しく見る

悪性腫瘍と良性腫瘍

腫瘍は細胞の異常増殖で、良性と悪性があります。良性腫瘍は成長速度が遅く、身体への影響は少ないですが、大きくなると周囲の組織を圧迫します。一方、悪性腫瘍は無秩序に増殖し、速やかに大きくなり、周围組織に食い込みます。また、他の部位に転移し、再発の可能性もあります。腫瘍の大きさ、境界の明瞭さ、硬さ、症状などから良性と悪性を見分けます。悪性腫瘍は症状が出る前に大きくなることが多いので、早期発見のために定期的な健康診断が重要です。

悪性腫瘍と良性腫瘍を詳しく見る

ステージ4と末期がんの違い

ステージ4のがんは、がんが転移している状態を示し、がんの進行が最も深刻です。一方、末期がんとは有効な治療がない、または通常の治療を行っても長生きできない状態のステージ4がんです。生存率はステージ4が最も低く、治療は手術よりも薬物療法が中心。緩和ケアは患者の身体や心の苦しみを軽減し、医師や看護師など多職種の専門家が関与します。

ステージ4と末期がんの違いを詳しく見る

がんの余命とは

がんの余命は、統計データと医師の経験に基づいた予測です。同じ種類・ステージのがんの5年生存率などから導かれますが、患者の体力、年齢、持病などにより変動します。医師が余命を伝える理由は、患者が残りの時間をどのように過ごすかを考えるためです。緩和ケアを提供する医療機関も多く、食事や睡眠、運動などの生活習慣改善で余命を延ばす可能性もあります。がんによる苦痛や不安を和らげる対策も検討されます。

がんの余命について詳しく見る

がんによる体重減少

がん細胞は多くのエネルギーを消費し、全身の炎症を引き起こすため、体重減少を引き起こします。食事量の減少も体重減少に繋がります。がんの疑いがあるときは、過去6か月間の体重減少が5%以上の場合です。体重減少はがん治療の継続や生存期間に影響します。体重減少を防ぐためには、バランスの良い食事、調味料や調理法の工夫、姿勢や体位の見直し、食事宅配サービスの利用などが有効です。

がんによる体重減少について詳しく見る

トリプルネガティブ乳がんとは

乳がんは、ホルモン受容体やタンパク質の受容体の有無によって主に3つのタイプに分けられます。トリプルネガティブ乳がんは、エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、HER2受容体の3つの受容体全てが発現していない乳がんのことで、乳がん全体の15~20%を占めます。トリプルネガティブ乳がんだと、治療の効果が思うように出ない場合も多いといわれています。

トリプルネガティブ乳がん
について詳しく見る

乳がんの手術をしたくないときの選択肢

乳房は、女性にとって身体の象徴ともいえる部分なので、手術によって失うことに抵抗を感じ、乳がんの手術をしたくないと悩む患者さんも多いです。乳房を切除することによって精神的に負担が大きく、生活の質が下がると患者さんが考える場合には手術以外の方法を選択することもできます。適応となる乳がんの条件はありますが、切らない乳がんの治療法には、ラジオ波熱焼灼療法(RFA)、非切除凍結療法、集束超音波治療があります。

乳がんの手術をしたくないときの選択肢
について詳しく見る

乳がんのホルモン療法の副作用

乳がんのなかで、「ホルモン感受性陽性乳がん」は女性ホルモンであるエストロゲンの影響を受けて、がん細胞が増殖します。ホルモン感受性陽性乳がんに対して行うホルモン療法では、エストロゲンの産生や作用を抑えることでがん細胞の増殖を阻止します。しかし、エストロゲンは女性の身体にとって必要なホルモンなので、ホルモン療法によってエストロゲンの産生や作用が低下すると、更年期様症状、骨粗鬆症、関節痛、気分の落ち込み、不眠などの副作用が起こることがあります。

更年期障害のような
乳がんのホルモン療法の副作用
について詳しく見る

ヒトパピローマウイルス(HPV)

ヒトパピローマウイルス(HPV)は性交渉を通じて感染し、がんの原因となる可能性があります。HPVには150種類以上があり、特定の型が子宮頸がんや尖圭コンジローマの原因となります。感染者の多くは自然に治るが、持続感染するとがんを発症することがあります。HPVの症状や、予防方法について解説します。

ヒトパピローマウイルス(HPV)
について詳しく見る

がん関連血栓症

がん患者は血栓症を発症しやすく、これが命を脅かすことがあります。血栓症とは、血管内の血液のかたまりが血流を妨げる病気で、がん患者の発症率は非がん患者の4~7倍と言われています。原因は、がん細胞の影響や治療、療養生活などによるものです。発症した場合は速やかに医療機関での診断・治療が必です。症状や対処法を解説します。

がん関連血栓症
について詳しく見る

がん患者とその家族のためのコミュニティ

がん患者や家族は治療中の不安や心の変化を抱えることがあります。その際、支えとなるコミュニティを知ることで安心感を得られ、心の支えになることがあります。がん患者や家族向けのコミュニティには、患者会、患者サロン、ピアサポートなどがあり、同じ経験者との情報交換、心の共有ができます。コミュニティの見つけ方や、探す際の注意点を解説します。

がん患者とその家族のためのコミュニティ
について詳しく見る

がんと睡眠障害

がん患者の約20~50%が「眠れない」という不眠の問題を経験しているとされます。この眠りの問題の原因や対応策を理解することは、がん治療をより安心して進めることが重要です。がんと睡眠障害との関連、その原因と対策について解説します。

がんと睡眠障害
について詳しく見る

前立腺がん手術後の尿漏れ

前立腺がんの手術を受けた後は、尿を溜めておくための筋肉の損傷や膀胱の機能低下などにより尿漏れが起こることが多いです。尿漏れの程度は個人差があるものの、日常生活に支障を来たしてしまう方もいます。尿漏れの原因や対策について知っておくことは、安心して前立腺がんの手術を受けるためにも大切です。

前立腺がん手術後の
尿漏れについて詳しく見る

前立腺がん治療と性機能障害

前立腺がんの治療法には、手術、放射線治療、ホルモン療法、抗がん剤治療などがありますが、ほとんどの場合に性機能障害が起こります。ただし、治療方法によって性機能障害の程度が違い、治療により改善する場合もあります。安心して治療を受けるためにも、前立腺がん治療によって起こる性機能障害と対処法について、治療前によく知っておくことが大切です。

前立腺がん治療と
性機能障害について詳しく見る

抗がん剤治療と妊孕性

がん治療の進歩によって、がんを克服する患者さんも増えているため、治療後に妊娠を希望する方もいます。しかし、抗がん剤治療を行うと、妊娠をする上で重要な役割を果たしている卵巣に影響が出て、妊孕性が低下する可能性があります。

妊孕性とは、妊娠する力のことです。抗がん剤治療を始める前に、薬剤による影響と対処法について、よく理解しておくことが大切です。

抗がん剤治療と
妊娠・妊孕性について詳しく見る

放射線治療の仕組み

がん細胞は、分裂や増殖の力が強いものの、傷ついた後に修復する力が弱いという特徴があります。放射線治療は、がんの部分に放射線をあてて、がん細胞にダメージを与える治療法です。

他の治療法と同様に、放射線治療でも副作用が起こる場合があります。治療前に、放射線治療の仕組みと副作用をよく理解しておくことが大切です。

放射線治療の
仕組みについて詳しく見る

術後補助療法とは

手術でがんを取り切ったように見えても、目に見えないくらい小さいがんが残っている可能性があります。再発リスクを抑えるために検討されるのが術後補助療法です。

がんの再発を予防するために行う術後補助療法には、薬物療法、放射線療法、免疫療法の3種類があります。

術後補助療法は、がんの進行度やがんの種類、全身状態などを考慮して行います。術後補助療法を始める前に、治療法の特徴やメリット、デメリットなどを理解しておくことが大切です。

術後補助療法の
目的や種類について詳しく見る

前立腺がんのホルモン療法の副作用は?

ホルモン療法は、男性ホルモンの刺激による前立腺がん細胞の増殖を抑えることで、前立腺がんの進行を防ぐ治療法です。ホルモン療法で使用する主な薬は、LH-RHアゴニストや抗アンドロゲン剤ですが、他にもさまざまな種類のものがあります。

ホルモン療法を行うと、男性ホルモンの分泌量が減ることによる副作用が起こる可能性があるので注意が必要です。治療を安心して進めるためにも、ホルモン療法の種類や副作用をよく理解しておくことが大切です。

前立腺がんのホルモン療法の
副作用について詳しく見る

前立腺がんの手術と放射線治療の比較

前立腺がんに対する治療方法は、がんの進行の程度や身体の状態、合併症の有無などを考慮し選択します。転移のない前立腺がんに対しては、基本的に手術と放射線治療のどちらも選択が可能です。

手術と放射線治療の生存率に違いはないことがわかっていますが、起こりうる合併症や通院方法などに違いがあります。

それぞれの治療法にメリットとデメリットがあるので、納得して治療を進めるためにも、手術と放射線治療の違いについてよく理解することが大切です。

前立腺がんの手術と
放射線治療の比較について詳しく見る

骨転移すると長くは生きられない?

骨転移と診断されると、がんが骨に転移したからあきらめるしかないと思う方もいるかもしれません。しかし、最近ではがんの治療薬や治療法が改善しているため、骨転移したからといってあきらめる必要はありません。

骨転移の進行の程度、症状、全身状態、患者さんの意思などを考慮し、適切な治療を行い、生活の質を維持することが大切です。

こちらでは骨転移と余命の関係について分かりやすくまとめています。

骨転移と余命の関係
について詳しく見る

放射線治療の副作用にはどのようなものがある?

放射線を身体に当てると、がん細胞だけでなく、正常細胞も影響を受けるので、放射線治療ではさまざまな副作用が出る可能性があります。

放射線の副作用には、照射した部位に出るものだけでなく、全身に出るものもあります。また、副作用の出る時期によって急性期反応と晩期反応に分けられます。安心して放射線治療を受けるために、副作用について事前によく理解しておくことが大切です。

放射線治療の副作用
について詳しく見る

ATL・HTLV-1の母子感染を予防するには

成人T細胞白血病(ATL)は、HTLV-1と呼ばれるウイルスが原因で発症する血液のがんです。HTLV-1の主な感染経路の1つに「母子感染」があります。

母子感染は、HTLV-1に感染しているリンパ球が含まれた母乳を子どもが飲むことで起きます。母子感染を予防するためには、母乳を与えず、完全人工乳栄養とするのが最も有効です。

こちらではHTLV-1の母子感染予防について分かりやすく解説します。

ATL・HTLV-1の母子感染予防
について詳しく見る

ANK免疫細胞療法が
受けられるクリニック一覧

がんの完治を目指す治療法です。治療のご相談はクリニックへ。

ANK免疫細胞療法が受けられる
クリニックはこちら