がんとANK免疫細胞療法の教科書~ANKブック~ | sponsored by リンパ球バンク株式会社
がんとANK免疫細胞療法の教科書~ANKブック~ | sponsored by リンパ球バンク株式会社 » がんの治療に用いられる薬一覧 » カルボプラチン

カルボプラチン

このサイトは「リンパ球バンク株式会社」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

カルボプラチンは、頭頚部がんや卵巣がん、肺がん、乳がん、悪性リンパ腫などに対する治療薬として使われます。ここでは、カルボプラチンの作用や特徴、効果、副作用、注意点などについて説明します。ただし、他の治療薬と同じように、カルボプラチンの効果や副作用は個人によって異なることも理解しておいてください。

カルボプラチンとは

「カルボプラチン(Carboplatin)」とは、「細胞障害薬」と呼ばれる抗がん剤のひとつであり、抗がん剤の中では白金製剤に分類される医薬品です。

がん細胞が分裂する際には、細胞内の核の中でDNAの合成・複製が行われます。この時、DNAの複製を行うためには、まずDNAの二重らせん構造を解く必要がありますが、カルボプラチンの投与を行うことによってDNAの二重らせん構造に結合してがん細胞内にあるDNAの複製を阻害します。さらに、がん細胞を自滅(アポトーシス)に導く作用もあります。

カルボプラチンは、同じく白金製剤に分類されているシスプラチンとほぼ同等の働きを持っていますが、カルボプラチンはシスプラチンの構造を変えることによって吐き気・腎臓への障害・神経への障害が軽減されている点が特徴といえます。

医薬品情報

カルボプラチン・パクリタキセル療法

肺がんの治療においては、カルボプラチンとパクリタキセルを組み合わせた治療(TC療法)が用いられることがあります。この治療法は肺がんの他にも、卵巣がんなどの婦人科領域でも用いられる場合があります。ここでは、カルボプラチン・パクリタキセル療法についてご説明します。

カルボプラチン注

「カルボプラチン」は白金製剤に分類される抗がん剤です。がん細胞内にてDNAと結合し、がん細胞の複製を阻害することに加えて、やがて死滅させる働きを持っています。

パクリタキセル注

「パクリタキセル」は、太平洋イチイの樹皮から抽出した成分ですが、この成分は細胞分裂に必要とされる「微小管」というタンパク質が作られる段階を途中で止める働きを持っています。この働きにより、がん細胞の増殖を阻止してやがて死滅させます。

ただし、パクリタキセル投与後のアレルギー症状が報告されており、その原因はパクリタキセルの成分や溶解補助剤であると考えられています。そのため、あらかじめ抗アレルギー剤を点滴することによってアレルギー症状を予防します。また、パクリタキセルの場合には無水アルコールが添加剤として含まれているため、アルコールに対するアレルギーを持っていたり、お酒に弱い場合には申し出るようにしましょう。

カルボプラチンの作用と特徴

カルボプラチンは、頭頚部がんや卵巣がん、肺がん、乳がん、悪性リンパ腫などに対して使用される薬です。カルボプラチンは、がんに対する他の治療薬や放射線療法と併用すると副作用が強く出ることがあるので注意が必要です。

カルボプラチンの効果・効能

カルボプラチンは、頭頚部がん、肺がん、睾丸(こうがん)腫瘍、卵巣がん、子宮頸がん、悪性リンパ腫、乳がんに対する効果を期待できます。他の治療薬との併用で、小児悪性固形腫瘍に対する効果も期待できます。小児悪性固形腫瘍には、神経芽腫、網膜芽腫、肝芽腫、腎芽腫などが含まれます。

カルボプラチンの有効成分

カルボプラチンの有効成分は、同名のカルボプラチンです。カルボプラチンは、がん細胞のDNAに結合し、がん細胞の分裂を阻止することでがん細胞を死滅させます。

カルボプラチンの用法・用量

カルボプラチンの用法・用量は、がんの種類によって異なります。また、併用する他の治療薬がある場合にも用法・用量が変わることがあります。例えば、成人の頭頚部がんや肺がん、卵巣がん、子宮頸がんなどに対して使用する場合には、1日1回300~400㎎/㎡(体表面積)を静脈注射し、少なくとも4週間は休薬します。これを1クールとして、繰り返し行います。投与量は、医師の判断により年齢や症状を考慮し適宜調整されます。

カルボプラチンの注意点

カルボプラチンを治療薬として使用する場合には、基本的な注意点がいくつかあります。

カルボプラチンの使用中に、骨髄のはたらきが低下する骨髄抑制という副作用が出ることがあります。骨髄は赤血球や白血球、血小板を作っているので、骨髄の働きが抑制されると貧血や感染症、出血などを引き起こします。カルボプラチンの使用中に感染症を発症すると、重症化する可能性も高く、命に関わるので注意が必要です。

悪心や嘔吐、食欲不振などの消化器症状が起こることがあります。消化器症状が長く続き、水や食事を十分にとれないと脱水症になる可能性があるので注意が必要です。

カルボプラチンの使用に注意が必要な方

体の状態によっては、カルボプラチンを用いた治療を行う場合に注意が必要な場合があります。例えば、下記のような方は注意が必要とされていますので、当てはまる方は前もって医師への相談を行ってください。

効能または効果に関連する注意

カルボプラチンは、シスプラチンによる治療で効果がなかった患者さんに対しては有効性が認められていません。

用法及び用量に関連する注意

高齢者の場合には、一般的に骨髄機能や肝機能、腎機能などが低下している傾向があります。高齢者にカルボプラチンを投与する場合には、投与量や投与間隔に注意し、全身の状態を注意深く観察する必要があるとされています。

カルボプラチンの副作用

カルボプラチンを使用中に副作用が出ることがあるので、体調に変化があった時にはすぐに担当医に相談するようにしましょう。副作用によっては、使用を中止する必要があります。 カルボプラチンの使用中に見られる可能性のある副作用には、以下のようなものが挙げられます。

今回挙げた症状以外でも、カルボプラチンによる副作用の場合もあるので心配なことがあれば担当医に聞いてみるようにしてください。

カルボプラチンの重大な副作用

カルボプラチンの使用中に、重大な副作用が起こることがあります。適切に対処しないと命に関わる場合もあるので注意が必要です。カルボプラチンを使用中に、体調に変化があった時にはすぐに担当医に相談するようにしてください。

体質によって、カルボプラチンに対して強いアレルギー反応が出ることがあります。強いアレルギー反応により、血圧低下や呼吸困難のような命の危険がある症状を起こすことをアナフィラキシーとよびます。

副作用として間質性肺炎が起こると、命に関わる可能性があります。間質性肺炎の症状は、発熱、咳、呼吸困難などです。カルボプラチンを使用中に異常を認めた場合には、すぐに使用を中止し、ステロイドなどの適切な治療を行います。

カルボプラチンの使用中に、難聴や耳鳴りなどの症状が出ることがあります。異常が見られた場合には、カルボプラチンの中止を検討します。

肝機能障害は、カルボプラチンに限らず、多くの薬で見られることのある副作用です。肝機能障害に早めに気付くために、医療機関では定期的な血液検査で肝酵素やビリルビンの数値を確認する必要があります。肝機能障害が進行すると、肝臓の機能がほとんど機能していない肝不全とよばれる状態になります。肝不全に至ると命に関わる可能性もあります。

副作用で消化管潰瘍や消化管出血、消化管穿孔が起こることがあります。症状によってはカルボプラチンを中止し、内視鏡や腹部X線検査、腹部CT検査など適宜必要な検査を行います。

急性膵炎は、命に関わる可能性のある副作用の1つです。急性膵炎の症状としては、腹痛や背部痛、嘔吐、発熱などが挙げられます。

汎血球の減少や貧血(ヘモグロビン減少、赤血球減少、ヘマトクリット値減少)、白血球減少、好中球減少、血小板減少、出血などの症状があらわれることがあります。

ANK免疫細胞療法が
受けられるクリニック一覧

がんの完治を目指す治療法です。治療のご相談はクリニックへ。

ANK免疫細胞療法が受けられる
クリニックはこちら